始まりはいつだって突然

できれば、これで最後にしたい

2015年総決算~人生まさかの連続です~

2015年が終わろうとしている。

本当に早い。年々、早まっていく気がする。

今年は私のジャニヲタ歴史が大きく動いた年となりました。Sexy Zoneを好きになった時、これ以上は降りようがない。Jr担にはならない。なってはいけない…!と思っていた私。その意思を見事に破壊された今年。
そんな2015年を振り返ろう!!ということで、半年ぶりにブログを書いています。しかも担降りブログ以来の更新。これまでサマステやら少年たちやら、書く事はいくらでもあったのだが、どちらも上手くまとめられずに挫折した。文章を書くのが本当に向いてない。サンタさん文才くれ。
そんなわけで文章にするのは困難なので、時系列で振り返っていこうと思う。
 
 
 
 
1月
大晦日、セクゾン担とホテルで紅白を見て、飲み会をしてちょうどいいテンションまで酔っ払い、東京ドームへ。実はこの時が人生初カウコンだった私。今年は中継ないけど、それはそれで特別感あっていいな、いろんなグループのわちゃわちゃをついにこの目で見られるのか...!と期待感を膨らませて臨んだ。がしかし、初めてのカウコンはまさかのマッチ先輩接待コンとなり、年を越せずに終わる。マッチ...マッチ...。
  
・ガムシャラJ's Party vol.7
カウコンを抜かせばこれが2015年初めての現場。今思えば、この時から全ては始まっていた(壮大)
セク松超可愛い〜〜〜〜!!バカレア組楽しい〜〜〜!!で終わる予定が、田中樹リア恋沼にズボッといってしまう事案が発生し、それからしばらく、一緒に沼にハマった松島担と深夜にTwitterで拗らせ妄想に走った。めっちゃ気持ち悪い。樹ちゃんごめん。
 

 
2月
・依然、田中樹リア恋沼に浸かり続ける
・本格的にバカレア組に手を出し始める
 
 

3月
Sexy Zone Sexy Power Tour 2015
セクシーバルーンライト(またの名をチ○ラ)をフリフリワンピースや花冠の女子たちが一斉に振るという異様な光景が広がっていた事で話題となったこのツアー。ちなみに私は、1本で振るからアレなんだ!と思い、買い足して途中から2本使いしていた。無駄情。風磨くんのソロ曲「20-Tw/Nty-」では、毎回泣くまいと涙耐久レースをしていたけど惨敗だったのはいい思い出。
 
 

4月
・Cクリエ初日(30日)
ガムパvol.7の楽しさが忘れられず、あの時の楽しさをもう一度味わいたい…!!とCクリエ参戦。演出、構成、グループ感、すべてにおいて期待以上のものを見せつけられ、骨抜きにされる。OPで愛のコマンドのイントロが会場に響いた時はこの曲OPにする?この子達の目のつけどころやばくない?と一瞬ペンライトを振るのを忘れて唖然とした。そしてこの公演で突如森本慎太郎くんに心奪われる。
 
 

5月
・"バカレア組"から"SixTONES"へ〜グループ結成発表〜
彼らのクリエを観て完落ちした翌日に彼らがグループになった事が発表される。こんな事ってあるかよ……(頭抱え)な出来事すぎである。恐ろしいタイミング。真剣に担降りを考え始める。
 
松島聡座長Jクリエ初日(12日)当日券当選
前日23時頃からこの日の明け方5時まで、友人に「どうしよう…もうSixTONESを視界に入れずに生きていけない…慎ちゃん最高…」という類の話を延々としていた私。(クソ迷惑)そしてその数時間後、私は再びクリエにいた。3日間合わせてたったの3公演しかない、チョモランマ級の倍率を誇った松島聡くん座長のクリエ当日券に並ぶためだ。"並ぶ"という行為自体をイベントと捉えていた私は、「聡くんの人気を証明するうちの1人になれればいい!」という気持ちで、長蛇の列に並んでいた。この日当日券の人数は平日にもかかわらず約600人。1公演分の収容人数に匹敵する。その中でチケットを勝ち取れるのはたった7人だった。自分の整理番号を、劇場スタッフの方に拡声器で読み上げられた時の事は鮮明な記憶として残っている。改めて聡くんのアイドルとしての素晴らしさを身に染みて感じた公演で、ここでかなり引き留められました。この当日券当選も、振り返ると、偶然としてはとんでもないタイミングだったなぁと。もしジャニヲタを辞めたとしても一生忘れないと思う。

 ・Sexy Power Tour 名古屋
 
 

6月
依然、SixTONESと慎太郎くんを応援したいという気持ちは薄れる事はなく、頭を悩ませ続けていた私。6月下旬、ついに担降りに踏み切り、人生初の担降りブログを書く。 

mitarashidango.hatenablog.com

 こんな下手クソな文章に予想以上の反響を頂き、大変嬉しかったです。活字が苦手で普段本とか全然読まないから語彙がなくて書き上げるのに5日ぐらいかかった。北斗さんを見習いたい。

実際担降りなんてご本人は知ったこっちゃないし、宣言する義務なんてないし、そもそも担当制度自体、自分の意志で放棄してみんな大好き!っていうスタンスでオタクをすることだって可能なのだ。でも私は、「担当」をつくることで、その使命感みたいなものにオタクとしての楽しみを見出してるから担当制度放棄はできないんだろうなぁというのもこれを書いてみて感じた。

 

 

7月~8月

・ガムシャラ!サマーステーション

慎太郎くん担当になってから初めての現場。少年たちと駆け抜けた熱い夏。六本木地下で「羅ァァァ!!!」と叫びまくった日々。少年たちの本気は儚く美しく、キラキラと眩しかった。彼らのおかげで自分も青春時代を取り戻せたような気がして、すごく楽しかった!!

今年はトーナメント形式での対戦。チーム羅は3位。最初はどうなることかと思ったけど、最終的には本当にいいチームになれてよかった…。めちゃめちゃ可愛いチームだった。北斗リーダーの名言

「気持ち切らすなって!!」

は、2015年ジャニーズ流行語大賞で間違いなく大賞受賞です。おめでとうございます。

未だに汎用させていただいております。


 ・Summer Paradise in TDC「風 is a Doll?」

私はサマパラ公演はこの風磨くんソロコンしか見に行けていませんが、間違いなく近年稀に見る素晴らしい現場だったと断言できる。

まっすーの助っ人として急遽メンバー入りした樹ちゃん。まるで最初から参加が決まっていたかのような素晴らしいサポーターぶりで、大変感激しました。

バックメンバーほぼ風磨会メンツと聞いて、身内でウェイウェイ盛り上がる感じのコンサートになるのでは…と思っていた自分をぶん殴ってやりたい。風磨くん本当にデキる男すぎる。天才アイドル。感動のオーラスに入れなかったのがとても悔しい!!DVDめちゃくちゃ楽しみにしてます!!

 

 

9月

・Six TONES初主演舞台「少年たち~世界の夢が…戦争を知らない子供たち~」

少年たち自体初だった私。重いストーリーなのかと思って構えていたけど、全然楽しい。個人的には髙地先輩の演技が好きだった!!先輩演技上手いよね…?

きょもちゃんの姫感が凄まじくて、毎度その美しさに双眼鏡のレンズ割れるのではないかと思っていた。

そしてこの少年たちでSixTONESオリジナル曲、「この星のHIKARI」と「BE CRAZY」お披露目

いきなり2曲も頂けた上に、どちらも早急にCD化するべきクオリティーで感無量。完全に両A面シングル。BE CRAZYのような曲は想定出来ていたけど、まさかこの星のHIKARIのような爽やかキラキラソングが来るとは思ってもいなくて大変驚いた。SixTONESの可能性無限大。最高(語彙)

何度見てもこの星のHIKARIはキュンキュンしたし、BE CRAZYはペンライト振り回して騒ぎたい衝動を抑えるのに必死だった。早くジェシーちゃんの「Are you Crazy?」でフゥゥゥゥゥゥ!!!!って叫びたい。

少年たちが想像以上に楽しくて、しばらくセリフと劇中歌が頭からはなれなかった。何故映像化してくれないんだ…




12月

・Johnny's World

まさかのSixTONES出演後出し発表で申し込んでいないSixTONES担悲鳴。(私)

どうにかこうにかチケットを確保し、無事観劇。実はジャニワも初体験。

ストーリーは全くもって意味不明だけど、自担のビジュアルがアホみたいにいいので正直ストーリーは気にしてない。()

少年たち期間から急速なイケ化を遂げた森本慎太郎、18歳、高校3年生。(尊さ)

岩本照大先生には感謝してもしきれません。菓子折り持って土下寝して御礼申し上げたい。

慎太郎くんがかっこよくなりすぎで、数ヶ月前までは慎ちゃん♡♡と呼んでいたけど、もう呼べなくなった。慎太郎さん。

ご本人の野望としては、他のメンバーと同じくらい痩せて、「最近の森本イケメンじゃね?!」と言われたいそうですが、まずは既にイケメンな事に気付いて頂きたいですあなたのファンより。(フィルター×1000)




Jr担になるとは思いもしなかった2015年。

"バカレア組"がSixTONESというグループになった2015年。

お互いをメンバーと呼び合う彼ら、初めてのオリジナル曲、色んなことに新鮮に喜びを感じられた。グループって尊い。SixTONESを見ていて改めてそう思った。

こんなに楽しくて大丈夫なのかと不安になるくらい充実したオタク活動が出来てめちゃくちゃ楽しかった!!何より彼らを好きになってよかったと、今、心底そう思っている。

6人のこれからが楽しみで楽しみでしょうがない。

2016年がSixTONESにとってさらなる飛躍の年となる事を祈ります。

2015年、たくさんの思い出をありがとう!!

来年は、コンサートが実現しますように!!!

ペンライトとうちわ持たせてください!!!